セブ島南部、海の上で暮らす「バジャウ族」の子どもたちが可愛すぎて悶えた。

「今日バジャウ族が住む村に行くんです。来ます?」 セブ島に住む日本人のフリーカメラマン女性・まゆゆにそう誘われたのは、セブ島到着から1時間後。 午前6時の会話でわたしの意識は朦朧としていたのだけど、彼女のお誘いで一気に覚醒した。 到着早々、セブ島の民族と交流できるなんて。 「行きます」 当然。 「で、バ…