読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真崎ですよ

ライターの真崎です。2016年6月より池袋→沖縄に移住しました。

就職活動の自己分析に勤しむ21歳の真崎へ ~当時の自己分析ノートを見つけて悶絶している25歳の真崎より~

 

 

拝啓、二十一の真崎へ

 

(BGM:アンジェラ・アキ

 

 

 

 

就職活動、お疲れさまです。

 

 

今頃「論理的思考を身につけなければどこにも内定をもらえない」という謎の強迫観念のもと『はじめてのロジカルシンキング』という本を片手に「どんなデートをするのか」というお題の解を論理的に導くワークのためにロジックツリー用の白い紙をはさみで切り刻んでいることかと思います。

 

 

 

2011年12月30日にあなたが小さなSNSコミュニティに投稿した「自己分析手伝って下さい」という記事を見つけました。Evernoteに保存していたのを忘れていたようです。

 

この時点で人材系会社を3社受けており、1社はクリスマスイブに面接。

 

帰る際に人事の方から「この後の予定は?」と聞かれ「恋人のいる従業員の交代要員としてバイトに入ってきます!自分を犠牲にして他人の幸せを応援できる女です!」と自分でもどこまで冗談でどこまで本気か分からない返答をして

 

 

落ちたみたいで。

 

初めての「お祈りメール」に泣いた記憶があります。

 

 

大晦日前日までよく頑張ってるなと思いながら開いた

その記事を見て

 

 

ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ

 

 

ひとり赤面悶絶。

 

iPhoneの画面を下向きにしてベッドの上に投げ上から両手で押さえつけて窒息させようとしていました。

 

 

 

 

***********

 

 

自己分析手伝って下さい!

正直自分が行方不明です!

すいませんがよろしくお願いします!

(体育会系)

 

 

まずは長所短所から!

(テンション高め)

 

 

〇良いとこ

 

・人を楽しませるのが好き

(これはわりと間違いない)

 

・向上心、根性

(今の自分が根性なさ過ぎて21歳の自分を尊敬してる)

 

・負けず嫌い

(スポーツと勉強に関しては確かにそうだった)

 

・好奇心旺盛、行動派

(焼肉屋の店員さんにアドレス渡してフラれたエピソードがなぜか書いてるのだけどこころからそのバイタリティ取り戻したい)

 

・影響力がある

(曖昧すぎて胸が苦しい)

 

・素直

(「あなたは素直さのかけらもなく自分が一番正しいと思っていて人の話を聞けない」in 2社目)

 

・空気を読む

(「それを自分で書く時点で読めていない」と保険をかけているあたりやらしい)

 

 

 

〇悪いとこ

 

・論理的思考能力のなさ

(当時一番悩んでいたし「就活の成功には論理的思考能力が不可欠だ」的な雰囲気がどこか就活生の間に流れていた気がする)

 

・有言不実行

(言ってなにもしない)

 

・感情的

(すぐ泣く、イライラを露わにする、楽しいとすぐ調子のると書いてたけど、今となってはこれのどこが短所なのか分からない)

 

 

 

〇最近のもやもや(突如悩み相談)

 

自分の理念「これから出会う人、今目の前にいる人を全力で笑顔にする」

 

(この後就活系のエントリで「志望動機で「笑顔にしたい」という奴全員風邪ひけ」的な記事がやたら出回り落ち込んだ記憶がある)

 

 

どういう笑顔に出会いたいか。

今この時出会いたい笑顔は、単純に飲み会とか遊んでいる中で面白いことしたり言った時に見られる愉快な笑顔、自分が隣にいることで安心して出てくる自然な笑顔、接客とかで字部分の笑顔につられてついつい出てくる笑顔。

 

 

じゃあ自分が社会に得た時にこの理念を追い続けるにはどんな方法があるか。

 

BtoCの関わりの中で、お客様の悩みを一緒に解決し、これからの幸せを竿p-とできる存在でありたい。未来に希望を描き、躍動のチャンスを得た、その相手の顔は絶対きらきら輝いてるってすごく想像できる。

 

その姿が一番明確に浮かんだのが人材業界。

 

「仕事」という分野で悩みを抱えたお客様を相手に、相手を深く知られるような関わりを持ち、その人が一番その人らしさを発揮できる場所(職場)を全力で見つけ出すっていうのが自分の持っているイメージ。

 

人と直接、密接にかかわり合える。

 

目の前の人のために頑張っているという実感を持てる。

 

責任も大きい分、出会える笑顔もすごく輝いている。

 

 

 

それで、今〇〇(企業名)が第一志望になった。

 

この会社が作り出す圧倒的成長空間(インターンと有料講座に参加していた)で、少なくともその空間に来た人たちの顔は、来る前とは見違えるほど輝いていて、すごく前向きできらきらした最高の笑顔になっている。

 

純粋に、自分も人の成長を創りだす人間になりたいと思った。

 

 

そんで本格的に就活を始めて、最近もやもやしてきたこと。

 

〇〇に入ることが就活の目的になっているんじゃないか?

〇〇に入るためにビジョンを描こうとしているじゃないか?ってこと。

 

そして自分の掲げた理念は最初に言った通りだけど、それは人生のゴールではないはず。ゴールってもっと明確なものな気がする。

 

 

でも分かんない。

 

 

今自分が目指すゴール?

ゴールってなんだ?

なんでみんなゴール持てるんだ?

 

今無理やりゴールを持とうとしたら、それこそそのゴールを持つという行為自体が〇〇に入る手段になるんじゃないか?

 

それってめっちゃ矛盾してないか?

 

 

そして、最初にずらずら挙げた自分の長所短所。

 

自分はこれを持ってなにができるのか。

やりたいやりたいばっかり考えて「利益を出す」という企業の目的を考えられてなくないか。

 

自分が企業の利益を出すのに貢献できること。

それって自分の「やりたい」とはズレるんじゃないか。

 

だって自分がやりたいことってめっちゃ思考力必要な気がする。

 

「人が好き」って気持ちだけじゃ諸々ダメなわけで。

接客業はめっちゃ得意なんやけどなあ。

 

てかまあどんな仕事でも思考力は当然必要か。

記憶力だけで成績とって頭良いって思い込んで考えるってことやってこなかったツケが回ってきたーあほー。

 

 

 

 

***********

 

 

最後がもはやただの悪態。

 

 

 

昨日はこれを読みながら

ァァァァ状態に陥って

 

 

「論理的思考があればどうにかなると思ってるけどもはやそれがズレてる!」

 

「根性ない!あなた実は根性ないで!」

 

「焼肉店員失恋エピソードを就活で話してたの!?」

 

「影響力の不明瞭感!」

 

 

「笑顔、言ってた、確かにやたら言ってた」

 

「笑顔×人が好き×人と密接に関われる=人材系企業みたいな謎の等式がそういえば当時は流行ってた」

 

「もうこれ典型的な「ズレてる就活生」やん…」

 

「企業に合わせた自分描きってところは間違いない」

 

「なんかもう総じて」

 

「ァァァァ」

 

 

ってなってて

 

 

 

 

 

だけど

 

湧き上がる羞恥心を堪えて今こうして当時の文章を見ながら打っていると、不思議とその気持ちが薄くなっていくのを感じています。

 

 

や、恥ずかしいですけど

だいぶ恥ずかしいですけど

途中で一旦Back Space長押ししましたけど

 

 

でも、こう

 

なにも分かってない真っ白な感じ

ちょっと的外してるなりに頑張ってもがいてる感じ

恥ずかしげもなく「人を笑顔にしたいんです!!」って誰にも彼にも言っていた感じ

 

 

それはそれで、逆にすごくピュアで真っ直ぐで、私なんだけど私じゃない誰かを見ている気持ちになって、「この感じ、これはこれで素敵やな」と思っている自分がいます。

 

 

 

もちろん、どこかで周りからの見え方、親からの目を気にしていた自分がいたこともよく覚えています。他人用の「かっこいい自分」を意識的にも無意識的にも創造しようとしていたのだと思います。

 

 

でも、それでも

 

なんか素敵やなと思いました。 

 

ここは上手く言葉にできません。

 

 

 

 

この後あなたは「教育の道で生きていくんだ!」と真っ直ぐな志を持って社会へと飛び出しまして

 

2年後の今、朝はお水で昼夜フリーターな生活をしていると聞いたら卒倒しそうな気もします。ごめんなさい。

 

 

あれから大きく価値観の変わった今の自分の状況や心情を後ろ向きに捉えているというわけではなく

 

ただただ、「社会」に希望を持ち、難しく考えすぎることなく「人を笑顔にする!」「誰かのために!」と言える、その姿はなんだか尊く感じるなという、思わぬ気付きを獲得しています。

 

 

 

 

で、25歳の私はふと思ったんですけど

 

あなたより3年半ほど長く生きてしまい、「あなたがまだ見ていない社会」みたいなものから様々な経験と学びと気付きを獲得し、自分なりの哲学を確立しようとしている私は

 

 

今のあなたを見て、ついつい言いたくなります。

 

 

「これはあなたの本心じゃないよ」

 

「あなたはこの道じゃないよ」

 

「本当に大切なのは自分のこころだよ」

 

「実はあなたはわりと社会不適合だよ」

 

「だから今から周りの目を気にせず好きなことをやってみるといいよ」

 

「大切なのは「自分を生きること」だよ」

 

 

 

 

書きながら、気色悪いと思いました。

 

 

改めて言葉にするのも気色悪いし

それを偉そうな顔で講釈垂れるのも気色悪いです。

 

 

 

今からあなたは、これまでの人生でなかったほどの挫折、罵倒、自己嫌悪、自己否定、他者否定、(死にたくないけど)死にたい願望を感じていく予定です。

 

 

私が言うのもなんですが

割ときつかったです。

 

「できれば味わうことなく人生終えたかったんですけど」なオプションだと思うことは今でもあります。

 

 

 

ただ、つい先に生きちゃって経験しちゃって勝手になにかを悟っちゃってた気になってる「大人」がつべこべ「こうした方がいいよ」なんて口出ししてそのオプションを獲得する「権利」を奪取してしまうこと

 

そんなものは、ただの過保護であり大人側の自己満足であり軽度マスターベーションだと感じるようになりました。

 

 

 

 

今でも疼く傷はありますが

結果オーライ

 

この後あなたが経験していく様々なことは、なんだかんだでわりとあなたの今後の肥やしになってる

 

 

と、たかが3年半後の自分は、ですが、思っています。

 

 

 

 

 

いろいろあるけど、3年半後はとりあえず生きています。

 

 

 

明日も分からない中で、とりあえず生きていて

 

それとなく毎日楽しくやってます。

 

 

 

 

なので、引き続き、熱く真っ直ぐピュアで世間知らずな(時々人目を気にする)その感じで、絶妙にズレた言動と選択をしながら泣いて笑ってもがき続けていってほしいなって思います。

 

 

 

 

 

p.s 

 

 

「25歳くらいで結婚したい」と思ってた気がします。

 

無理そうです。(途中経過)