真崎ですよ

ライターの真崎です。2016年6月より池袋→沖縄に移住しました。

元気がない時に読みたい真崎のおすすめブログ4選 ~少なめ~

 

 

彼女は、大学時代の学部友達。

 

友達といってもそれほど頻繁にコミュニケーションをとっていたかと言えばそんなことはなく、彼女の近況や心情は直接の会話ではなくmixiの日記を通して掴んでいたぐらい。

 

 

ただ、彼女の書く文章が、結構好きで。

 

ひとたび人の文章を好きになると、その人が書いた文章をストーカー級に貪り読む性癖を持つ私は、彼女がmixiにアップした日記をそれはそれは読んだと思う。

 

それはそれは読んだと思う。(2回目)

 

 

 

********************

 

海とか宇宙の偉大さを思うと

自分の悩みなんてちっぽけに思えるってゆう

あの思想が昔から理解できない。

 

米びつがほしい。

 

**********************

 

 

真崎「あーここで米びつ来るんやって。米びつが欲しいってここで入れるんやなって。ここで入れちゃうんやなって。米びつて。

 

米びつて。」彼女「そこか」

 

 

この米びつの下りが大学を卒業して3年経った今でも忘れらず、たまにSNSで放たれる彼女の言葉を見て「このシュールさ持て余すとか勿体ないわーまじブログとか書けやわー米びつー」とか思いながらいいねいいねって親指立ててるわけなんだけど(そして上記無断引用なんだけど)

 

 

 

時々、そんな彼女からメールが来る。

 

短い言葉と、どこぞのURLを添えて。

 

 

メール本文「これあかん」

 

 

読んだ。

 

 

あかんかった。

再三吹いた。

 

 

 

彼女とツボが合うのか、私の好みを的確に捉える彼女の感性が突出しているのかは分からないんだけど、「"笑いを取りに行くぞ感"を感じた瞬間もうその記事読む気なくすねん、千鳥の漫才みたいで」という私の面倒くさいニーズに対し、こうして彼女が気まぐれに送り付けてくるブログや記事には本当に外れがない。

 

 

 

「お礼だよ」とお礼を送った。

 

黄色張羅。 - 私の時代は終わった。

 

 

「あかん」ときた。

 

お気に召したご様子。

さすが加藤はいねさん。

 

※加藤はいねさんは、私がブロガーの中で最も尊敬している33歳看護師(処女)の方。iPhoneの待ち受け画面にははいねさんのブログがブックマークされていて、落ち込んだ時やこころが乾いた時にそのブログを開いては読んで笑って復活している。

 

 

 

 

M-1の録画テープを擦り切れるほど見まくってすべてのネタを完コピしていた中学時代からまったく変わることなく

 

私の日常には「笑い」が必要。

精神的に健康でいるためにも。

 

 

ということで

勝手に真崎の健康の秘訣をおすそ分けです。

 

米びつ女からのシェアも含めて、日常的に読んでいるブログや最近読んで面白かった記事を貼り付けておくので、暇な人や退屈な人は良かったら読んでみて下さい。やることある人は先にやることやった方がいいです。

 

 

 

 

1. 含み笑いのカフェごはん

 

 

米びつ(敬称略)からのシェア。

 

 

山本ゆりさんという方はあまり知らないけど、料理家的な感じでレシピ本やコラムの執筆をしている方っぽい。関西人。

 

じわじわファンになった。

じわじわきた。

 

 

私はよく自分の文章で「働きたくない(不適合)」みたいに()を用いてひとり寂しくツッコミを入れる手法を多様するのだけど、山本さんもよく使われる。そしてそれがじわじわくる。

 

 

*************************

 

クリームチーズが中途半端にあまってたんでいれてみたら、めっちゃ合いました。トマトとアボガドでも合うと思う。きゅうりでもいける。蒸しパン以外なら結構なんでもいける。(もうちょい絞れ)

 

和えてすぐ食べてもおいしいし、時間が経つと汁気が出るんですが、これもまたおいしいんです。トマトのエッキスがたっぷり。(古いタイプの数学教師)

 

全部飲み干して下さい。器の底に「明日もお待ちしています」って書いてあります。(天下一品か)

 

***************************

 

 

じわじわくるんです。(しつこい)

 

 

そしてどうやら山本さんには3歳くらいの女の子のお子様がいるようなのだけど、その子の日常を書いたブログが個人的には吹き出さずには読めない。

 

3歳11ヶ月の娘のほのぼのとした日常|山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

 

娘3歳の「なんで?」「なんで?」について|山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

 

 

******************************

 

娘:ねえねえお母さん、これ(人形)もって「おーい」して。

山本:おーい。

娘:今なんでおーいっていうたん?

山本:えっ!?

 

とにかく自由。

 

*******************************

 

 

 

 

2. ARuFaの日記

 

 

私が書くまでもなく、すげー有名人。

 

そもそも私が知ったのも、facebookTwitterでこの方の記事が再三シェアされていたからなので、その影響力は凄まじい。

 

 

「~してみた」系のブログが、もうなんかあらゆる次元を超えてクリエイティブ。

 

あらゆるものを問答無用で終わらせる装置を作ってみた - ARuFaの日記

誕生日なので『自分型手裏剣』を作ってみた - ARuFaの日記

パンクな生き方に憧れて、トイレをトゲトゲにしてみた - ARuFaの日記

 

※わりとスタンダードに半裸もしくは全裸なので苦手な人は読まなくていい気がします。「あらゆるもの~」では脱いでなかったのでまずはそこからどうぞ。

 

 

学生時代に教職をとってるっぽいことを書いていたので卒業後は教師なのかと思いきや、どうやら引く手あまたにヘッドハンティングされ、今は「㈱バーグハンバーグバーグ」という、学生時代に会社名を聞いて衝撃を受けた会社に所属しているそう。

 

【検証】野菜にストレスを与えるとウマくなるって本当なのか!? | オモコロ

【発明】一人でも大喧嘩しているように見える装置を作りました | オモコロ

 

オモコロでの記事も面白いです。

 

 

 

***************************

 

 

3.  宮原直孝さん

 

 

「生きづらさ」に焦点を当てたwebマガジン

『plus-handicap』

 

こちらで出会った宮原さんという方がいるのだけど、その方が書いた「AV×バリアフリー」の記事。

 

社会派なこちらのwebマガジンの中で、そのコンセプトからブレずにこのような文章を書けることに憧れた。そして面白い方がAVを語る時ってなんでこう爽やかに感じるんだろう。私だけなのか。

 

 

 

…今書いていて思ったけど、「なんで面白いと思ったか」みたいな事を解説した瞬間そこにある笑いを殺す気がした。これはいかん。やめよ。(500字ほど削除)

 

 

宮原さんは他にも「一般社団法人 いっぱんじん連合」という代表理事もされており、深夜に徘徊する『深夜徘徊』というイベントも開催されていて、その徘徊レポート(誤解を招きそうな表現)をストーカー読みしてたくさん笑った。勝手に載せてすみません。

 

 

深夜は寝たいけど、こちらのイベントは参加してみたい。(葛藤)

 

 

 

********************************

 

 

4. 加藤はいねさん(譲れない) 

 

 

私たぶん今後もこうやって好き好きって紹介し続けている気がする。加藤はいねさんのブログはなんなら社会を元気にしてると思ってる。

 

はばたけ前髪 - 私の時代は終わった。

露出狂にあった話をします - 私の時代は終わった。

これじゃないよ、駅前留学 - 私の時代は終わった。

 

 

ぜひ読んでみて下さい。

 

多くを語ることはしません。(そろそろ面倒くさくなってきた)

 

 

 

ということで、こうやって「「面白い」と思った文章を投稿することで笑いを共有して笑顔の輪を広げ日本を元気に!」みたいな高尚さも小出しにしつつ

 

こういう文章が好きなので、私好みっぽいなっていうブログや記事をご存知の方はぜひ教えて下さい。(結局自分ベクトル)

 

これを読んでくれているであろう米びつも引き続きよろしくです。

 

 

真崎

 

 

************

 

お仕事(ライティング)の依頼やブログ感想

私に絡んで下さる方向け

おすすめ教えて下さい

 

真崎へのお問い合わせはコチラ

 

 

ランキング参加しています

おすすめ教えて下さい

 

日記・雑談 ブログランキングへ

 

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村