真崎ですよ

ライターの真崎です。2016年6月より池袋→沖縄に移住しました。

「死ぬほどの恋がしたい」にかかる嫌疑

 

テラスハウス』の大志くんが本能的に苦手です。

 

 

テラスハウスはご存知「鎌倉やハワイのクソオシャ物件でスクールカースト上位にいそうな顔面強者の男女6名が繰り広げる恋模様を、本編の主音声とMC陣のゲスな副音声で二重に楽しむ恋愛観測バラエティ」です。

 

スクールカースト上位感たるや、ちょっと前の男性メンバー3人「俳優・ラッパー・プロサーファー」だったから。バーテン美容師バンドマンとか目じゃねえからな気をつけろ。

 

NETFLIXのテラハ紹介コピーが

 

"用意したのは、青い空と青い海。

           台本のない青春、はじまる―"

 

だかもうアーォ。

悪い、ちょっとここはオレの守備範囲じゃない。

 

 

そんなわけでセレブインスタグラマーって言葉と同じくらい今世は無縁だと思っていたテラスハウス。まさか毎週楽しみに観るようになってしまうなんて完全に家主の影響です。

 

家主 (28歳 男性 沖縄)

・いま住んでいるゲストハウスのオーナー

・世界一周とか海外就職したことある

・コミュ力高いし英語ペラペラ

・なんかいろいろすごい

 

もうこのプロフィールからテラハ臭。

続けます。

 

 

ゲストハウスで家主と週1ペースの「テラハ鑑賞会」をしている。

 

ある日家主がひとりiPadで観ていたテラハを陰から盗み見ていたらこれが意外と面白くてだな。しかも鑑賞後に家主と交わす感想がまるで正反対。「これは今後ともいっしょに鑑賞して真逆な価値観をぶつけ合わせたら楽しいね」となりました。

 

家主「ニキちゃんこえーよ」

真崎「ニキちゃんは優しいです関西人だから分かる」

 

家主「アンナちゃんダメだな~オレ」

真崎「え分かんない分かんないどの辺」

 

真崎「大志ムリぃぃぃ大志がムリぃぃぃぃ

家主「マジか大志の気持ちも分かるけどな」

 

  

そうここでいつも話題になるのが大志です。

 

大志

・沖縄出身の29歳

・俳優

・参加目的は「死ぬほどの恋をしたい」

 

 

死ぬほどの恋ですからただの恋じゃダメなんです。

 

とりあえず女性陣全員をデートに誘うの。

1人目のデート2人目のデートと本編でも回を追って映して「お、大志ここにいくか?いくのかオイ?」みたいなテンションでMCも視聴者も見守るよね。デートに行った子たちも1人目2人目ともれなく大志のこと気になり出すよね。

 

「この子いいですね」

「いやこの子もいいな」

 

か ら の

結局この子かーーーーーーーい 

みたいな展開。

味見に次ぐ味見に次ぐ味見。

 

「いいなと思ったけど、死ぬほどの恋をしにきてるから、ちょっと違うかなって」

 

オッケーどの口縫っとく?

みたいな感じでMCの女性陣は大志に総プンプン。

大志を見るトリンドルちゃんの冷え切った視線はたぶん童貞を殺せる。

 

 

大志が悪いとは思わない。

3人全員をデートに誘うことも、相手をわりとその気にさせたのに切ることも、別に悪くことではないと思う。

 

ただ、どうにも細胞レベルで苦手。

 

スクールカースト中の中で上位男子恐怖症で27年目の恋愛弱者でなるべく怒哀に暮れることなくこころ平穏に生きて安らかに老衰で死んでいきたいわたしにとって、この手の男性は「触るなキケン」のド猛獣。

 

 

昔の話。

死ぬほどの恋とは言わずとも「世界にいる女性全員に会って運命の人を見つけたい」と言っている男性がいた。そこそこイケメン。彼女は途切れずにいる。

 

その男性がキレイな女性と結婚。

幸せそうに暮らしている様子を続々SNSに上げていたので「無事に運命の人が見つかってよかったな」と心の中でお祝いしながらそっとミュートした。

 

彼が結婚したあとに一度会った。

フツーに話してフツーに解散する流れだった。

 

「世界中の女性全員に会って運命の人を見つけたいって言ったの今でも変わってない、だから真崎のことも知りたい」

 

そう言って彼はわたしをホテルに誘った。

おうふムリ。 

 

 

どうもその男と大志から同じ臭いがする。

 

「死ぬほどの恋がしたい」

「すべての女性から運命の人を見つけたい」 

 

それぞれ

"よりイイ女が現れた時に飛びつくための"

"その時々でテキトーな女と遊ぶための"

随分響きがキレイで都合のいい便利なペラ言葉だと思ってしまう卑屈な子にどうして育ってしまったのっておっかあが京都で泣いてる。

 

大志と知り合いに限って言えば、上記の言葉をそれぞれ一生言ってる気がするし一生言っててください。

ただ知り合いのお前は奥さんを大事にしてください。

 

そもそもここから経験に基づく大偏見をご披露すると、彼らの言う「死ぬほどの恋」とか「運命の人を見つける」って結局「最高の顔面でスタイル抜群で知性的でエロくて陰陽併せ持ってるクッソイイ女を見つけるたびに飛びつくこと」を指してると思うんだ。違いますか。違ったらごめんなさい。

 

それが悪い最低って話じゃ本当になく「たとえいい女性を見つけても付き合っても結婚しても『いやしかしもっと死ぬほどの恋に運命の人に(つまりもっとクッソイイ女に)出会うかもしれない』と永遠に目をギラつかせているファンキー加藤と安心してお付き合いできる気がしねぇ」と震えて身を隠すのが真崎こと地味で根暗な沖縄在住27歳女性です。

  

しかしそもそも向こうとてこんなわっちはド眼外だから世界は今日も平和。

 

 

なお家主は「死ぬほどの恋がしたい」賛同派。

大志に共感して「まぁでも死ぬほどの恋したいよね」とぼやく家主に「死ぬほどの恋したら死にますやん」と低次元なケチをつけるのが居候のわたしです。

 

さあ今週のテラハはおっぱいがキレイな新メンバー。

家主よかったね!

 

真崎

  

*************** 

  

Twitterのフォローうれしいです


Instagramのフォローうれしいです



お仕事(ライティング)の依頼やブログ感想

私に絡んでくださる方はこちらから

真崎へのお問い合わせフォーム